意外な事実満載?! 新幹線の歴史とは

MENU

新幹線の未来

日本は現在「中央新幹線」という超高速鉄道の開発に乗り出しています。この歴史は古く、1962年から開発が進められています。その研究は順調に進んでおり、実験線での有人走行において、1997年に最高時速531kmを達成しています。このように、更なる高速化、それに伴った新幹線の大きな武器でもある安全性との両立を日夜研究が重ねられているのです。

2027年には品川駅から名古屋駅の間をJR東海で開業する予定です。そして、全線開通である大阪までは2037年の予定で進められています。この技術が完成すれば日本の経済圏はさらに近づいていきます。そのため、日本経済がますます発展することが望まれるのです。

また、この中央新幹線の開業に伴って、現在の東海道新幹線の改修工事なども進められることも予定されています。つまり、今でも高い評価を得ている日本の鉄道技術が、さらに高みへ登る瞬間だと言うことも出来るのです。

日本のリニア技術を見学するためには、山梨県立リニア見学センターがオススメです。こちらはリニア新幹線が走行しているところを見ることが出来ます。もちろん試験走行ですが、その走りの素晴らしさを体験することが可能でしょう。リニア・鉄道館では車両を見ることが出来ます。