意外な事実満載?! 新幹線の歴史とは

MENU

世界と新幹線

新幹線の最大の特徴といえば、定時運行を高頻度で行えることや、乗車中の乗客死亡事故が無いという高い安全性です。この高い商品価値を売りとして、新幹線のシステムそのものを海外へ輸出する動きを展開しています。この日本の新幹線システムは、総合司令所からの一元的な運行管理や、在来線と分離している専用線、自動列車制御装置という列車の速度をコントロールするというものなどが挙げられます。そして、それは海外へと既に進出しているのです。

たとえば、台湾高速鉄道は2007年に開業しましたが、ヨーロッパの技術を使用して当時建設されていました。しかし、ドイツのICEの脱線事故や台湾で起こった大地震などをきっかけにして、ATCや車両などに日本の技術が導入されました。その技術の使用は台湾新幹線とも呼ばれるほどです。そして、中国の高速車両の一部でも日本の技術が使われています。

海外では、まだ日本の新幹線システムをそのまま使われたという事例は未だ存在していません。しかし、アメリカやインドといった高速鉄道に興味を示す国も多いので、日本の鉄道技術が輸出される日は近いかもしれません。そのとき、外貨を稼ぐ大きな日本の武器になるかもしれません。