意外な事実満載?! 新幹線の歴史とは

MENU

世界に与えた衝撃

乗客を安全に輸送するという任務を実行しながらも、いくつかの問題を抱えていた新幹線。しかし、その営業成績は当初の予想を上回る成功を見せていました。そして、日本が高速鉄道を成功に導いたというニュースはヨーロッパを駆け巡ります。

当時ヨーロッパ諸国は高速鉄道の開発を進めていたため、このニュースが当時の技術者、そして政治家を刺激しないわけがありません。1981年に運行が開始されたフランスの高速鉄道であるTGVや、1991年に運行を開始したドイツのICEなど、様々な高速鉄道が新幹線の影響を受けて開発されていったといいます。

特に、当時最高時速210kmだった新幹線を上回る時速270kmで運行するTGV。これは、新幹線以前に高速鉄道をリードしていたフランスの鉄道技術復権だと世間を賑わせました。さらに、日本もこの流れに負けじと速度向上の技術を改良し、現在は東北新幹線でTGVと同じ時速の320kmを達成しています。

鉄道技術というのは、純粋な鉄道を走行させる技術はもちろんですが、あらゆるテクノロジーを融合して完成されるものです。さらに、鉄道を運用していくというのは、システムの構築や国民の教育レベルなども大きく関係しています。それだけに当時の日本が高速鉄道を成功させたというのは、大きな刺激となって世界を驚かせたのでしょう。