意外な事実満載?! 新幹線の歴史とは

MENU

新幹線の歴史について

今もなお、鉄道という交通手段は世界中で利用されています。車や飛行機などと比べて一時期は前時代的だと揶揄されていたとは思えないほどに、日常的に使用されているのです。その中でも、日本の鉄道技術というのは世界でもトップクラスだと言われています。それを象徴するのが、世界初の高速鉄道と言われている新幹線です。では、新幹線の歴史にはどのようなものがあるのでしょうか。

まず、新幹線の前身には、戦前に計画されていた弾丸列車というものが挙げられます。これは、日本の線路を標準軌にしようという計画も含まれていました。用地買収や一部のトンネル工事なども進められていた計画ですが、日本の戦況が悪化していたことが原因で一時撤退。こちらは戦後に十河信二、そして島安次郎、島秀雄、島隆の親子三代の夢が詰められていました。

開業から新幹線は目覚ましい発展を遂げますが、線路の劣化や騒音・振動問題なども発生します。それらを克服し、さらに目覚ましい進歩を遂げる新幹線は世界中に衝撃を与えます。それはフランスのTGV、ドイツのICEにも影響を与えたと言われているのです。

この技術を世界中に輸出することが出来れば、日本の強い武器にもなります。現在では台湾と中国でその技術が使用されています。最先端を行く日本の鉄道技術はリニアを使用した中央新幹線開通で、新たなステージへと上り詰めることでしょう。

日本の新幹線の歴史について興味のある方は、是非とも最後までお読みください。


【日本の新幹線に関する参考リンク】
新幹線の歴史には様々な出来事がありますが、2027年には東京名古屋をわずか40分で繋ぐ中央新幹線の開業を目指しています。これを機に東京や名古屋へ遊びに行こうと思っている人は、まずは東海道新幹線での旅を楽しんではいかがでしょうか ⇒ 東京名古屋 新幹線